膝の痛みが治らない。


そら接骨院 お問い合わせ

こんにちは、院長の岩井です。

 

先日、バスケットボールをやっている小学生の娘さんのお母様からお電話でお問い合わせがありました。

 

 

詳しくお話を伺うと、2か月前に試合中に接触し膝を痛めてしまい、(当院ではない)接骨院さんを受診したけれど症状の改善が無いため整形外科さんを受診し、レントゲン撮影をしたものの異常は見られず・・当院にお問合わせをいただいたとのことでした。

膝の痛みが2か月前からずっと続いていて、松葉杖を使っているともおっしゃっていました。

 

 

その後来院して頂き詳しく検査をしていくと、重要な靭帯(じんたい)や半月板(膝内部の内側と外側にあり、膝の動きをスムーズにしたり、ジャンプなどをした時にクッションの役目をして衝撃を和らげてくれたりします)には特に問題が無く、痛みをかばう動きや姿勢が長くなることで体に歪みや捻じれが生じてしまい痛みが出ていることが解りました

歩く姿勢をチェックすると、上半身と下半身の動きがチグハグになってしまい、ロボットのような動きになってしまっていました(汗)

 

 

歪んだ体を戻す整体治療を行うとすぐに杖無しで歩けるようにはなりましたが、バスケに復帰するまでにはリハビリが必要な事を伝えました。

 

 

 

今回のケースを受けて、このお子さんの膝の痛みが治らなかった原因に

接骨院とはどういうところか

整形外科とどう違うのか

ということが解らないということも関係していると感じました。

そのお話もさせていただきたいのですが、長くなりそうなのでまた次回お話させていただきます。

 

 

 

 

 当院では、患者様の疑問やお悩みに親身になってお答えいたしますので、何かありましたらお気軽にお問い合わせください!

 

お電話のお問い合わせは045-459-6856 

 メールでのお問い合わせはこちらから