新中学生シリーズ 第1弾 『やるかやらないか!』 


野球 スポーツ 痛

4月は入学式シーズン。

小学校から中学校に向けてスポーツとの向き合い方が難しい時期。

悩んでいるお母さん達の顔が目に浮かびます。

 

そんな、悩みにズバリ答えます。

 

この中学期のスポーツというのは、

『真剣にやるか、やらないか』

が答え。

 

 

 

ここでよく間違いを犯してしまうのは、スポーツは子どもに良さそうだから、とりあえずやらせたいというもの。

 

そん安易な考えではいけません。

 

とりあえずやってみるではなくて真剣にやるスタンスを家族がとることが大切。

とりあえずを選んでスポーツをやらせると、とりあえず言い訳が身につき、素直さを失う。

指導者が尊敬できなくなり、それらが本能にしみについてくる・・・

 

 

そうなると、中途半端に口を出す親への尊敬など消えてなくなるのが関の山。

 

このような中学生いっぱいいませんか?

 

 なのでアドバイスするなら、子供が決めたものを真剣に受け止め、本気で支援してあげることが最善の選択です。

 

子供が中学になって部活(スポーツ)を相談したら真剣に向き合ってあげてください。

 

 

ぜひ、参考に!!

 

 

 

 

 

寄せられた親の悩みを新中学生シリーズとして5回に渡って発信します。

お楽しみに。

 

 

 

そら接骨院のHPはこちら 

当院は子どもの治療に力を入れています。

また、治療だけでなく運動やストレッチなど

子どもに本当に必要な動き、からだづくりの指導もおこなっています。