ええー!!日本だけかな?


433

こんにちわ

今日は雨が降って足元が悪いので電車に乗るときは気をつけてください。

 

 

 

昨日、フランス人の友人と鎌倉からの帰りに

腰が曲がって前のめりになっているおじいさんを見かけたんですが

友人は目を丸くして日本人はなんであんな姿勢になるのかって質問を受けたんです。

返答に困りましたが生活習慣、昔の仕事の姿勢だとか適当に答えました。

でも、フランス人も草むしりもするだろうし、昔は作物を人間が植えていただろうし、

基本的な労働の姿勢はそんなに変わらないはず・・・

なかなかむずかしい

 

 

院長の岩井先生に質問して聞いてみたところ

アジア人は農耕民族傾向が強いので、前面の腹筋や前太ももが発達しやすいのでみたいで

特定の姿勢で作業をするとさらに前面の筋肉が筋肉が強化され

前の筋肉が縮み引っ張るため徐々に頭が下がってくるそうです。

それに対して、欧米人の狩猟民族の傾向が強いため、足で蹴る力が強化されやすいため

臀部の筋肉が発達しやすいそうです。簡単に言うと背中側からお尻の筋肉が発達しやすいそうです。

 

 

 

なるほど。納得!!

 

 

 

 

まとめると

日本人は背筋をかなり多めに強化するくらいでちょうどいいみたいです。

腹筋は発達しやすいのでやりすぎると姿勢を悪くする原因にもなりますし、

腰痛の原因にもなるみたいです。

 

 

 

特にアスリートの人たちは同じ姿勢を繰り返します。

ですから、前の筋肉が強くなっていくので

いい姿勢を作るには背筋が必須ですよ!!!

 

 

そら接骨院では個人的に子供の身体のスコアをつける

FMSというシステムを取り入れております。

ぜひ、相談ください。

HP→こちら