見た目重視VS機能性重視


スーツ

 

襟元が閉まる服が苦手です。

ネクタイの長さがなかなか定まりません。

院長の岩井です。

パリッと糊のきいたYシャツ、艶のある髪にスマホやノートPCを使いこなすビジネスマン、正直かっこいいと思います。

ただ、彼らは激しくスポーツしたいと思うとき、思い切り汗をかきたいとき、タイトなパンツで、襟元や袖口のしまったシャツは着てきませんよね。


スポーツウェア


おそらくは吸水性や通気性、運動性などに優れたスポーツウェアを選ぶはずです。

 

筋肉にも同じようなことがいえます。

激しく複雑な運動をしようとしたとき、うまく伸び縮みしない筋肉ではどうなってしまうか……。

タイトなスーツで開脚をしようとすれば、お尻の部分がビリっと破れてしまいますよね?

筋肉はそのようにビリっとはいきませんが、ブツッとはいきます。(音だけでも痛い・・)

しかも、洋服を着替えるように動きやすいものにすぐに変えられるわけでもありません。

 

では、どうすればいいのか・・

運動をするのに始めから動きやすいスポーツウェアを用意しておくように、

筋肉もブツッといかないように、柔らかくしなやかな筋肉をつくっておけばいいのです。

 

運動するには運動するための準備(筋肉状態)が必要です。

スポーツウェアならどれでもいいわけではないですよね?

ブカブカだったり、ピチッピチだったら動きづらいし、ほつれていたり、破れがあれば修理が必要です。

筋肉も、ただ柔らかければいいわけではありません。

あなたが運動するのにあなたのカラダにぴったり合った筋肉状態を準備しなければなりません。

 

 

世界に一つしかない、あなたの大切なお体のメンテナンスはそら接骨院におまかせください。

 

SORAスポのHPはこちら

そら接骨院のHPはこちら

〒241-0015 横浜市旭区小高町59-4

<strong]http://045-459-6856″>045-459-6856