昔から体が硬いんです。。。


ストレッチ

こんばんは。(こんばんはー。)

 

暑いか寒いかどっちだかわからないね。(そーですね。)

 

今週末は30度超えるらしいよ?(そーですね。)

 

沖縄じゃ40度超えるらしいよ?(そーですね。)

 

そんなこたぁないんだよ!(笑)

 

今日は〇モリさん風に入ってみました。

 

院長の岩井です。



今日は前回の続きで、怪我や痛みに強い体のつくり方をお話ししていきますね。



怪我や痛みに強い体づくりに必要なポイントは大きく分けて3つあります。



それは、

 

①基本的な柔軟性

 

②基本的な安定性

 

③基本的な協調性

 

です。

 

3ついっぺんに説明してしまうといつものように長くなるので、①基本的な柔軟性から説明させてください。



基本的な柔軟性とは、日常生活を送るうえで最低限必要な体の柔らかさのことです。

 

私たちの体には大きく分けて2つの関節があります。

 

股関節や肩の関節のように柔らかく自由に動かなければならない関節と、膝や腰の骨の関節のように体を安定させるのに必要な関節の事を指すのですが、怪我や痛みに強い体を作るために必要な第一のステップは、



自由に動かなければならない関節が固くなってしまっている場合、柔らかく動くように元に戻してあげることなんです。

 

その中でも特に股関節の柔軟性は重要で、一番最初に改善しなければなりません。

 

股関節がどのくらい柔らかくなければならないかというと、

 

ハムストリング

内転筋

殿筋

 

 

最低でもこのぐらいは動かないと非常にまずいんです!

 

日常生活で必要な柔軟性が確保できていない体では、激しいスポーツでかかる負荷に耐えることができないからなんです。。。

 

「うちの子昔から体が硬くて…。」

 

部活やスポーツを頑張っているお子さんの

 

・体が硬いと感じる

 

・ケガが多いような気がする

 

・最近伸び悩んでいる気がする

 

場合、先ほどの画像の3つのストレッチをためしてもらい、一つでも画像の位置までいかなかった場合、早急な改善が必要ですので当院へご相談ください!

 

次回は基本的な肩の柔軟性についてお話ししますのでお楽しみに!

 

そら接骨院のHP→そら接骨院HP

ご予約の方→そら接骨院の予約ページ

SORAスポのHP→SORAスポHP

〒241-0015 横浜市旭区小高町59−4

045−459−6856