正しく頑張る為に③


06d5948e61cdf18c4ff7240c63ce7cc2_s

こんにちは、院長の岩井です。

 

 

今日はトレーニングシューズやスパイクの正しいはき方、選び方について少しお話したいと思います。

 

 

当院に来院されるアスリートや学生さんの多くが様々な痛みを抱えて悩んでいますが、ほとんどの方に共通するのが、トレーニングシューズやスパイクを正しく履けていない、選べていない。ということです。

 

正しくシューズを履く、選ぶにはいくつかのポイントがありますのでご紹介していきます。

 

①ジャストサイズの靴を選ぶ

自分の正確な足のサイズは皆さんご存知でしょうか。

つま先に余裕がありすぎたり、楽だからと言って幅広のシューズばかり選んでいませんか?

 

シューズの中で足が動いてしまうと偏平足や外反母趾、О脚などの原因になり、そういったねじれが足底筋膜炎やシンスプリント、アキレス腱炎を引き起こしてしまうのです。

シューズを選ぶ際は足の縦の長さ横幅をしっかりと計測してもらい、しっかりとフィットするものを選ぶようにしましょう。

 

 

②靴ひもをしっかりと締める

靴ひもを緩めにしめたまま、そのまま脱ぎ履きしていませんか?

 

166763y

 

靴ひもは毎回、下からしっかりとしめて、簡単に脱げないように圧をかけて履きましょう。

 

そうしないと靴の中で足が動いてしまいます。そうなるとどうなってしまうかは、先ほどご紹介したとおりです。

 

 

③踵のしっかりとしたものを選ぶ

例えばランニングシューズを選ぶ時、軽いからと言ってプロ仕様のレーシングシューズを選んでしまう方がいるのですが、軽くて靴底の薄いシューズは本番の時にだけ履くようにし、トレーニングは重く感じても踵の厚いしっかりとしたシューズを履くようにしましょう。

ペラペラのシューズは踵からの衝撃を上手く吸収できず、膝や股関節を痛める原因にもなりますので注意しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

みなさんは正しいシューズのはき方、選びかたはできていたでしょうか?

本当はお話したいポイントはまだまだあるのですが、だらだらと長くなったり、説教くさくなってしまうのが私の悪い癖なので、今日はこの辺でやめておきます(笑)

 

今回のお話では足りないっ!という方のご来院をお持ちしております。